「臍帯って何だか分からない?って思っている方に、分かりやすく説明しますね。(^O^)」

「胎児と胎盤(プラセンタ)の橋渡しをしているのが、臍帯(さいたい・へその緒)です。」

「臍帯に含まれる臍帯血には、細胞の素となる「幹細胞」が含まれているので、現在「臍帯血」は、様々な治療に応用されているんですよ。」

「赤ちゃんの将来のために「臍帯血バンク」を利用し、保管している方も増えてきているそうです。」

「そもそも・・・お肌のトラブルのほとんどは「潤い不足」から起こります。」

「この潤いを取り戻せば、トラブルは消えます。」

「臍帯エキスは、別名「天然のヒアルロン酸」と呼ばれています。」

「何故か?・・・説明しますね♪」

「臍帯には、保水性分である「ムコ多糖類」が、プロテオグリカンの状態で大量に含まれています。」

「ムコ多糖類の一種である「天然のヒアルロン酸」は、通常使われている「合成ヒアルロン酸」と比較すると馴染みが素晴らしく、体内の保水力が抜群に高いのです。」

「これからの季節・・・保水力が大切ですよね。」

「潤いが欲しい!という、そんなあなたに、もう一つステキなお知らせがあります♪」

「この度・・・重要な「臍帯血」を輸送しているパイプ役「臍帯」に大変貴重な成分が含まれていることがわかりました。」

「これまで、この「臍帯」をサプリメントにしたい!と考えられてきましたが・・・あまりにも量が少なく「不可能」でした。」

「「母の滴シリーズ」では、「臍帯」の持つ豊富な栄養素を体内に取り入れるために、飲む美容液「臍帯サプリ」を開発しました。」

「「母の滴臍帯100」は、まったく薄められてはおらず、馬の臍帯をフリーズドライ製法により、100%の純度のものを使用しています。」

「けれど、臍帯とプラセンタは元々「つながっている」ので、成分は似ています。」

「しかし、臍帯は、プラセンタより優れています。」

「何故か?・・・ちゃんとお伝えしますね♪」

「臍帯は、「ムコ多糖類」・「「FGF」線維芽細胞増殖因子」・「コラーゲンの主要成分である「グリシン」「プロリン」「ヒドロキシプロリン」などのアミノ酸」で、できているのです。」

「それから、まだまだ素晴らしい成分があるんですよ♪・・・「臍帯」の持つ豊富な栄養素・活性ペプチド・核酸・成長因子・アミノ酸・ミネラル・ムコ多糖類・天然のヒアルロン酸・酵素・ビタミン・脂質・・・。」

「凄い!ですね。(^0^)」

「今日から・・・美は臍帯・・・そして健康はプラセンタ。」

「ステキなあなたの暮らしを応援しています♪」

「是非一度お試しください。」